離婚弁護士があなたの離婚問題を徹底サポート 平日夜8時までご相談受付中。

ホライズンパートナーズ法律事務所

東京都港区西新橋1-6-13 柏屋ビル9階

アクセス
JR新橋駅 徒歩8分
虎ノ門駅 徒歩3分
内幸町駅 徒歩3分
霞ヶ関駅 徒歩4分

ご予約・お問い合わせはこちらへ

03-6206-1078
電話受付時間
平日9:30~20:00

慰謝料について

1.慰謝料とは?

慰謝料とは、婚姻生活中や離婚に伴って生じた精神的苦痛に対する損害賠償請求のことです。

2.どのような事情があれば慰謝料が認められるか

相手方の違法な行為により精神的苦痛を被った場合に慰謝料が認められます。
典型的には、暴力や犯罪行為、配偶者の浮気、家庭にお金を入れないなど、婚姻生活の維持に協力しない、通常の性的交渉を拒否するなどの事情がある場合には慰謝料が認められます。
これに対し、例えば単純に性格の不一致や価値観が違う、というだけですと、慰謝料は認められません。

3.慰謝料請求を行うために重要な証拠

慰謝料請求が認められる事情がある場合でも、相手方が事実を認めない場合には、請求する側で証明しなければなりません。
具体的には次のようなものが証拠として重要です。

(暴力)
ケガをした時の診断書
暴力を受けた日時、場所、具体的な様子などをメモしたもの
言葉の暴力などの場合には、様子を録音したものなど

(浮気)
・愛人からの手紙や愛人とのメールのやりとり
愛人と一緒の写真(ラブホテルからの出入りの写真など不貞行為を裏付ける写真)
電話の通話明細

(その他)
・可能な限り具体的な様子のメモや日記など

4.慰謝料の金額

いわゆる慰謝料の相場としては、平均すると200万円から300万円程度となることが多く、残念ながら1000万円を越えるような慰謝料が認められることはほとんどありません。
具体的な金額を決めるに当たっては、次のような事情が考慮されます。

  • 相手の行為の程度、割合、態様、悪質さ
  • 精神的苦痛の程度
  • 結婚に至る経緯や、その後の破綻に至る経緯
  • 結婚生活の状況
  • 当事者の年齢や社会的地位
  • 子の有無などの家庭環境
  • 離婚後の生活状況等

離婚弁護士への法律相談のご予約はこちら

03-6206-1078

初回30分無料相談! 担当弁護士を選べます。

当事務所では、新型コロナウイルス感染症の拡大防止および安全確保のため、ご希望の方を対象にZoomを利用した法律相談を実施しています。詳しくは以下のリンクをご覧ください。