離婚弁護士があなたの離婚問題を徹底サポート 平日夜8時までご相談受付中。

ホライズンパートナーズ法律事務所

東京都港区西新橋1-6-13 柏屋ビル9階

アクセス
JR新橋駅 徒歩8分
虎ノ門駅 徒歩3分
内幸町駅 徒歩3分
霞ヶ関駅 徒歩4分

ご予約・お問い合わせはこちらへ

03-6206-1078
電話受付時間
平日9:30~20:00

不貞行為の慰謝料はどのくらい? 離婚弁護士が解説!

 夫や妻の浮気相手から慰謝料を取りたい!というご相談は非常に多くあります。そこで今回は、不貞相手からどれくらい慰謝料をとれるのか?というテーマについて、高井弁護士と荒井弁護士の対談形式で解説します。ぜひご参考にしてください。

荒井:皆さんこんにちは。ホライズンパートナーズ法律事務所、弁護士の荒井里佳と申します。

高井:どうも、こんにちは。同じく弁護士の高井重憲と申します。

荒井:今回は、不貞行為があった場合、その自身の配偶者の不貞相手に対してどのくらいの慰謝料が請求できるか、慰謝料をとれるか。そういった問題についてお話をしたいと思っております。

高井:やっぱりケースとしては多いですね。

荒井:そうですね、ご相談かなり多いですよね。

高井:色々な情報が氾濫している部分でもあるんですけど、実際のところ、どんな感じかなあっていうところでいくと、荒井先生、感覚的にはどんなもんですかね。

荒井:かなり多くの案件に携わらせていただいて、現場感覚とすると、150万円程度ではないかという感覚がありますね。高井先生いかがですか?

高井:本当にケースバイケースなんですけど、やっぱり150万円という1つのなんとなくの基準があった上で、いろいろ悪質なケースだったり、まあそこまで悪質ではないケースとかで上下するっていうところかなというふうに思うんですよね。

荒井:そうですね。もちろん場合によっては200万円に至るようなものもあるとは思いますけどもね。

高井:結局、そもそもその夫婦関係が破綻したかどうかというところによっても金額って変わってきますし、その前提として結婚してた期間がどれくらいかとか。

荒井:あと、お子さんがいるかどうかとか。

高井:そういうところによっていろいろ事情が変わってくるということになってくると思うんですけど

荒井:あと、現実には、担当する裁判官の感覚が非常に結論を左右しているような印象がありますけど、いかがですか。

高井:そうですね。裁判官によってやっぱりかなり幅があるというのが実際のところかなあと思うので。言い方が悪いかもしれませんが、当たりはずれじゃないですけど・・・

荒井:ちょっとそういう言い方になりますね。

高井:まあね、そういうところもあるかなあっていうところです。で、実際に裁判までやるのかどうかっていうところも、結構難しい問題で、例えばご依頼を受けて、内容証明郵便で「払え」っていう請求を出して、相手から返答が来て、話し合いで解決をしているというようなケースももちろんありますし。

荒井:そうですね、交渉だけで終わるということもありますね。

高井:他方で、本当にガチガチで裁判をやらないといけないというようなケースもあるわけです。そうですね、やっぱり・・・

荒井:不貞自体を争っているケースでは、やはり裁判になりますよね。

高井:本当にばっちり証拠があるのに、通知を出してみたら、「いやそんな事実ありませんよ」みたいなことを言われちゃうようなケースとか、そうなってくるとほんとに裁判やらざるを得なくなってしまうんですけど。

荒井:はい。

高井:でも裁判も結構面白いというか、ケースバイケースなんですけど、本当に裁判官によって進行も結構個性が出ると思っていて

荒井:かなり違いますね。

高井:以前にやったケースは、1回目の期日が終わったとたんにもう裁判官が、和解しろと言ってきてですね、

荒井:具体的な和解金額を提示して、和解でまとめようとする

高井:訴状と、最初の書面(答弁書)だけ見て、「これいくら払って和解しなさい」みたいなこと言われたりとか、逆に丁寧な裁判官だとしばらく書面のやり取りになっていく。

荒井:そうですね、恨みつらみを記載する書面の応酬がずっと続くような、そんなケースもありますよね。

高井:ほんとにケースバイケースなので、期間的にも、かなりばらつきが出てくるケースが多いです。

荒井:そうですね。

高井:まあ、とにかく一つの基準として150万円って先ほどから申し上げてますけれども、やっぱり注意していただきたい点としては、証拠を取らなきゃいけないとかいろいろ皆さん考えられると思うんですけど、そのために例えば探偵にほんとに何百万もかけちゃうケースとかだと、ちょっとそれは費用対効果的にはよくないというようなケースもあったりするので。もちろん証拠は大事なんですけれども、そのために探偵さん、調査会社を使うということは、別にそれは全然ありうる話だとは思うんですが、ちょっとそこは一つ、気を付けていただいてもいいのかもしれないですね。

荒井:やっぱりうっかりすると数百万というレベルに費用が掛かってしまうので。それを全額回収できるわけではありませんから、注意が必要ですね

高井:そうですね。なので、どういう証拠があればいいのかとか、いろいろ難しい、判断がわからないところもあるかと思うので、ぜひ一度ご相談頂いて、我々としても適切なアドバイスをさせていただくつもりですので、お気軽にお問い合わせいただければいいかなと思っています。

荒井:はい、ご相談お待ちしております。

高井:どうもご清聴ありがとうございました。

荒井:ありがとうございました。

離婚弁護士への法律相談のご予約はこちら

03-6206-1078

初回30分無料相談! 担当弁護士を選べます。

当事務所では、新型コロナウイルス感染症の拡大防止および安全確保のため、ご希望の方を対象にZoomを利用した法律相談を実施しています。詳しくは以下のリンクをご覧ください。