離婚弁護士があなたの離婚問題を徹底サポート 平日夜8時までご相談受付中。

ホライズンパートナーズ法律事務所

東京都港区西新橋1-6-13 柏屋ビル9階

アクセス
JR新橋駅 徒歩8分
虎ノ門駅 徒歩3分
内幸町駅 徒歩3分
霞ヶ関駅 徒歩4分

ご予約・お問い合わせはこちらへ

03-6206-1078
電話受付時間
平日9:30~20:00

婚約破棄の慰謝料、払う必要がある? 離婚弁護士が解説!

 彼女とつきあい始めてから結婚しようか、などとも言っていましたが、考え方があわず、結局別れてしまいました。数日後、彼女から婚約破棄の慰謝料として200万円を請求されました。親に紹介したりもしていないのに、慰謝料を支払わなければならないのでしょうか?

ポイント①:婚約が成立しているか?

婚約とは

この問題はそもそも、この男女の間に婚約が成立しているのかというところがポイントになります。では婚約とはどういうものかといいますと、「婚姻に向けた双方の意思の合致」を伴ういわゆる合意のことを指します。

婚約が成立しているかの判断基準

では、婚約が成立しているのかどうか判断するための基準はどのようなものがあるのでしょうか。例えば以下のようなものが基準としてあげられます。

  • 婚約指輪を渡している
  • 両家(両親)双方挨拶をして顔合わせをしている
  • 結納などのきちんとした手続きを行っている

本件の事例につきましては、親には紹介していないというくだりがありましたけれども、その他の事情、たとえば指輪の授受があったのかという点等については少々具体的なところが分かりませんので、そのあたりの個別具体的な事情の判断をした上で婚約が成立していたのかどうかを判断することになるでしょう。

ポイント②:婚約の一方的破棄にあたるか?

仮に婚約が成立していたとしても、婚約の一方的破棄にあたるのかどうかという点がポイントとして挙げられます。

婚約の一方的破棄は慰謝料が発生する?

そもそも婚約を一方的に破棄してしまったような場合、慰謝料が発生するのかどうかという点についてですが、この点については「ケースによっては慰謝料が発生する場合もある」という言い方になると思います

では、どのような場合に慰謝料が発生してしまうのかという点についてですが、ここはいくつかの要件を満たす必要があるでしょう。例えば当事者の一方がなんら正当な理由もなく婚約関係を解消し、それによって一方当事者に何らかの損害が発生してしまったような場合は、一方的破棄により慰謝料が発生する場合もあるかもしれません。

本件場合は?

本件の事例については婚約を取りやめた具体的な事情について少々分からない部分もあります。もう少し事案を掘り下げてお話をうかがっていく必要があるかと思います。
 
このような婚約破棄の事案に巻き込まれてしまわれた方はぜひ一度、大事になってしまう前に弁護士のほうにご相談されることをおすすめしたいと思います。

離婚弁護士への法律相談のご予約はこちら

03-6206-1078

初回30分無料相談! 担当弁護士を選べます。

当事務所では、新型コロナウイルス感染症の拡大防止および安全確保のため、ご希望の方を対象にZoomを利用した法律相談を実施しています。詳しくは以下のリンクをご覧ください。