離婚弁護士があなたの離婚問題を徹底サポート 平日夜8時までご相談受付中。

ホライズンパートナーズ法律事務所

東京都港区西新橋1-6-13 柏屋ビル9階

アクセス
JR新橋駅 徒歩8分
虎ノ門駅 徒歩3分
内幸町駅 徒歩3分
霞ヶ関駅 徒歩4分

ご予約・お問い合わせはこちらへ

03-6206-1078
電話受付時間
平日9:30~20:00

モラハラ妻を助長する実家依存とは?

掲載日:2015年1月5日
モラハラでお悩みの方へ

つらいお気持ちはよくわかります。

大丈夫、私たちが全力でサポートさせていただきます。

はじめに

 最近、モラハラに関するご相談が増えております。そこで、別の記事ではモラハラ妻の特徴などについてもお話しさせていただいていますが、ここではそのモラハラ妻と非常に親和性がある、モラハラ妻をパワーアップさせる、非常に根深い問題があるテーマということで「実家依存」についてお話しをさせていただきます。

1.モラハラ妻を助長する実家依存

1-1.実家依存とは

 妻からのモラハラに苦しんでいる旦那さんからのご相談を受けている中で、奥さんの実家(つまり奥さんの実親)と奥さんが非常に仲がいいというケースが増えています。

 仲がいいことは悪いことではありませんが、典型的には奥さんとその母親が一緒になって夫に対しての不満をつのらせ、夫に対するモラハラを加速させていくという構造が非常に増えています。

1-2.モラハラを加速させる実家依存の構造

 結婚生活をしていると当然、夫に対する不満を持つ場面はありうるわけですが、実家依存がどのように影響を与えていくのか、典型的な例をあげてご説明します。

  1. よくあるケースですが、奥さんの実家の近くで子供ができたら子育てを手伝ってもらおうということで奥さんの実家の近く、場合によっては徒歩圏内に住んだりします。
  2. 上記のような状況ですと、奥さんは頻繁に実家へ行きます。そうすると、例えば夫が家事をやってくれないといったような不満、稼ぎが悪いといったような愚痴を母親に言います。
  3. そうすると、昔の親というのは(話を聞くところによりますと)、子供が離婚するといえば普通は親は止めた方向性が多かったようですが、最近はむしろ離婚を勧めるというかたちで、離婚の方向で働きかけをしてしまうというケースが非常に増えています。
  4. このようにして、奥さんが実家に入り浸って、母親とずっと話をして、夫の悪口を一緒に言い続けるという状況になります。当然、夫に対しての尊敬というものはどんどんなくなっていきますし、非常に扱いが悪くなっていくということが考えられます。。

1-3.実家依存における妻の母親とは

 奥さんの母親がどういう立場なのかといいますと、多くのケースでは専業主婦です。
が稼いできてくれて家の中を切り盛りしてきたお母さんという立場の人が非常に多いです。

 母親のほうからしてみれば、「夫というものは妻が働かなくてもいいような稼ぎをしてくるものだ」とか、「夫は妻を大事にするものだ」ということが思想としてあります。

 そのような場合に、例えば奥さんがパートで働かないといけないような状態になったときに、母親のほうは夫を軽くみがちになり、ますます奥さんと一緒に夫の不満で盛り上がっていってしまって、夫をないがしろにしていくという方向で働くケースが増えています。

2.実家依存による被害の実例

2-1.虐待?

例えば、

  • 夫が奥さんの実家に行ったら無視して口もきいてくれない
  • 奥さんのほうはベッドルームで寝ているのに夫の方はフローリングに寝かされた

といったことがあります。
このように、これはもはや虐待ではないかと言いたくなるようなケースというのも実際ご相談であったりします。

2-2.夫は種馬?

 もっとひどいケースでは(これを書いていいのかという問題はちょっとあるんですけれども、)夫を種馬ぐらいにしか見ていないんではないかというケースもあったりします。

 どういうことかというと、奥さんの親からしてみれば孫ができます。孫ができると、やはり孫は可愛いですから、一緒にいたいと思います。いくら近くに住んでいても、一緒に暮らしているわけではないですから、もっと一緒にいたいと思うわけです。

 そうなってくると、親はますます「夫とは別れてうちに帰って来なさい」という方向で働きかけるということがあります。

 このように、まさに孫さえ出来てしまえば夫はいらないといわれているようなひどい扱いを受けているケースもご相談の中で増えてきています。

終わりに

 こういった実家依存の妻に対してどう対応していくべきかということですが、基本的にはモラハラと同じような対応になってくるだろうと思います。

 なかなか実家依存の体質を変えることは難しいので、辛い状況であっても我慢していく方向で行くのか、耐えられなくて解消していく方向で徹底的に闘っていくのか非常に苦しい決断を迫られることになります。

 特にお子さんがいる場合には大変だと思います。最近のご相談の中でも、つらい思いをされていて「もう無理です・・・」ということで離婚の方向で闘っている方もいらっしゃいますし、やっぱり子供が大事ということで奥さんの元に戻られているケースもあります。

 共通しているのは一人で悩まれているケースだと本当に辛いだろうな思われるところです。ただ、あまりかっこいい話ではありませんので、なかなか周りにも相談しにくいというところがあったりするようです。

 一人で悩んでいると本当に大変だと思います。離婚するにせよ、しないにせよ、一度ご相談いただければと思います。

離婚弁護士への法律相談のご予約はこちら

03-6206-1078
相談料
初回30分まで無料。延長は15分ごとに2,500円(税別)

■費用が気になる方へ

当事務所では明確な費用体系を採用しています。詳しくは料金ページをご覧ください。